FC2ブログ
2018/09/15

ロロン収穫~

今年は強すぎる日差しでカボチャがあちこちで割れてしまいました。

テープはそんな日差しから守る為、慌てて貼ったものです。


スポンサーサイト
2018/09/15

赤皮カボチャ

水分が多い赤皮カボチャはサラダがオススメです。

柔らかくなるまで蒸かして、皮も一緒に熱いうちに潰した後、マヨネーズとココナッツフレーク、レーズン、クルミを入れました。




色も明るいオレンジ色で、まるでスイーツのよう♪
パーティーメニューにぴったりです。
2018/09/15

大きくな~れ♡

ズッキーニが実を着け始めました。

秋のズッキーニ、今年はお届けできるように頑張ります!


2018/09/15

天気予報をにらめっこ ②

人参は発芽が難しく、その後も他の草より成長が遅いため、収穫ができるようになるため気が抜けません。

発芽を促す雨を期待しながら種を播きます。


2018/09/12

「トカドヘチマとエビの炒め物」

あまりの美味しさに写真を撮り忘れてしまいました。

①ピーラーで皮を剥いたトカドヘチマを
 若い種子も一緒に輪切りにする。
②用意した刻みニンニクを炒める。
③下処理したエビ(お酒と片栗粉をまぶす)を投入。
④続いてトカドヘチマを投入。ここで水を少々加え、蒸し炒めにする。
⑤塩、そして隠し味でナンプラーや生姜などで味付け。
⑥溶いた片栗粉を回し入れて、ごま油をひと回して完成。

いやぁ~。ごちそうでした。
ちょいと濃い目の味付けでオン・ザ・ライスもオススメです。

銀次
2018/09/12

TERASSEマルシェ@たまプラーザテラス

TERRACEマルシェ@たまプラーザテラス
 9月15日(土) 10時~17時 に出店します。
https://www.nkbmarche.jp/terrace%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7-%E6%AF%8E%E6%9C%883%E5%9C%9F/

場所はたまプラーザ駅前。

超~!!オススメのトカドヘチマをお持ちします。

DSCF0291.jpg

DSCF0293.jpg

炒めて旨し!他の野菜にはないふわっトロ食感で、
何しろ出汁が出るし、また旨味を良く吸うのです。

今晩のおかずは
「トカドヘチマとエビの炒め」
いやぁ~。ごちそうでした。
ちょいと濃い目の味付けでオン・ザ・ライスもオススメです。

こちらはレシピのカテゴリでご紹介します。

他にはカボチャを何種類かお持ちします。
ちょいと早めですが、ハロウィンまでディスプレイにもいかがですか?

他にも何を持っていこうかな・・・。
是非お越しください。

銀次
2018/08/30

トカドヘチマ

やってきますよ、トカドヘチマの季節。

だいぶ大きくなってきましたので、もうすぐお届けできそうです。



恐竜のような不思議なカタチですが、
加熱すると中身のトロトロ食感にびっくり。
他に似ているものがない食感です。

沖縄では若取りしたヘチマを「ナーベラー」と言って良く食べますが、
あえて言うならそれに似ています。料理も似ています。

日本でこの「トカドヘチマ」を販売しているのは見たことがありませんが、
マレーシアにいる友人が送ってくれた地元スーパーマーケットの
野菜売り場の写真には似たようなものが映っていました。

炒め、炒め煮の他、スープも旨い。
皮は固いのでピーラーで剥くと剥きやすいです。
種は一緒に食べてしまいます。
ナンプラーや辛い系の味付けがよく合いますが、
和の出汁でもOKです。
2018/08/30

ウリハムシ

カボチャの花まで食べてます。

花がボロボロ…。



これでも実が成れば有機農家としては結果オーライ。
2018/08/30

非常事態!

この激しい雨に酷暑が重なって、あちこちでカボチャが破裂してしまいました。
なんと。。。


2018/08/30

天気予報をにらめっこ

人参を播く前に透明のビニールを張ります。
待つこと2週間あまり。
太陽の熱でビニールの中は50℃、60℃・・・。
この熱で畝の表面の雑草の種は発芽しなくなります。
その後、雨が降るのを見計らってビニールを剥がして
すかさず人参の種を播きます。

雨は降りすぎても発芽しにくくなったり、
種が流されてしまったりするので、タイミングを探りながら、
緊張感たっぷりの日々です。

この「太陽熱消毒」することで、
ゆっくり発芽、生長する人参が
生長が旺盛な雑草に負けずに育ちます。



ビニールを張った後はカラスやイノシシに穴を開けられないために
周囲に糸を張ります。
このひと手間が意外に大切だったりします。